少しでも老化のサインを見つけたら、早期にキミエホワイトで対処

少しでも老化のサインを見つけたら、早期にキミエホワイトで対処

20代といえば、10代ではぎこちなかったメイクも上達し、大人のオシャレも楽しい年代です。

 

少し無茶をしても、翌日には普段通りに生活出来てしまうのが、20代。老化やしわとはまだまだ無縁、だなんて思っていませんか。洗顔後のお顔をよく見てください。毛穴は学生の時より目立ってきていたり、ほうれい線が少しずつ現れていたり。目尻には細かいしわが刻まれていたり。このような予備軍たちが、近い将来さらに老化を加速させるのです。20代の肌の老化は見過ごされやすく、よく鏡を見ないと確認できません。だからこそ、毎日のフェイスチェックを怠らず、少しでも老化のサインを見つけたら、早期にキミエホワイトで対処しましょう。

 

まだ若いからと言って油断するのはもってのほか。もうすでに老化の蓄積は始まっているのですから。例えば、仕事や調べものをするときに便利なスマホ・パソコンなどの電子機器。これらから発せられるブルーライトは、人体に悪影響を及ぼすという研究があります。その一つにドライアイがあります。ドライアイになると、眼球を外部の刺激から守る涙が出にくくなり、目が乾きます。

 

目が乾くと、瞬きの回数が必要以上に多くなり、結果、目元のしわを誘発させることになります。さらに、スマホ・パソコンの長時間使用により、眼精疲労を招き、血行が滞りやすくなります。目の周りに十分な血液と栄養が行き渡らないので、クマが酷くなったり、目元のたるみを引き起こす可能性があります。このように、常に身近にあるスマホやパソコンでさえも、しわの原因になる要因を秘めているのです。

 

目が疲れたな、と感じたら、ホットタオルで目元を休ませてあげるだけでも、血行が促進されますし、蒸気の力で肌の潤いもキープ出来ます。

 

そして、メイクを落とすためのクレンジング。目元は、マスカラやアイシャドー、アイラインなど、顔の中でもこだわってメイクをしているはず。落とすのも一苦労です。だからと言って、ゴシゴシ擦ったりするのは止めましょう。目の周りの皮膚は薄いので、少しの刺激でもかなりのダメージを受けてしまいます。専用のリムーバーやクレンジングも多く市販されていますので、なるべく負担を与えずにメイクを落としましょう。もちろん洗顔の時も、擦らず優しく洗うことが大事です。

 

紫外線対策においても、目元は忘れてはいけないポイントです。先ほど書きましたように、目の周りの皮膚は薄いので、紫外線を受けるダメージも大きいのです。日焼け止めは、汗や涙でよれたり、脂で浮いたりしてしまうので、小まめに塗りなおすのが良いでしょう。UVカット仕様のサングラスをかけても。

 

30代、40代になっても、綺麗な肌をキープしていたいのであれば、20代の今から適切なスキンケアが必要です。特に目元は、最も視線を集める重要なパーツ。目が美しいと、ずっと見つめていたくなってしまうはず。普段から老化の予防を意識して、いつまでもキラキラした目を持っていたいですね。

 

早いうちからキミエホワイトプラスでお肌の健康を守っていきましょう。